『貧困研究』第16号

2016年7月

出版:明石書店
定価:1800円+税

編集委員

福原宏幸(編集長)
布川日佐史
松本伊智朗
湯澤直美
村上英吾
山田篤裕
垣田裕介
阿部彩

巻頭のことば

(阿部彩)

特集1 地域が抱える健康・貧困リスク問題への学術的視点

 健康リスクの地理的格差と居住地域の貧困(中谷友樹・埴淵知哉)
 地域のソーシャル・キャピタルと地域住民の健康(市田行信)
 リスク集積地域における貧困・剥奪・不健康と社会資源による共助的支援の展開(福原宏幸)
 生活時間の貧困(浦川邦夫)

特集2 死亡事件に見る貧困

 母子世帯をめぐる死亡事件と貧困(湯澤直美)
 高齢者の貧困状態(曽我千春)
 貧困と住み続ける権利、人権としての社会保障・生活保障(井上英夫)

シリーズ 生活困窮者支援の現場から 2

 刑事司法手続における貧困への対応(飯田智子)

書評論文

 山田壮志郎著『無料低額宿泊所の研究』(白波瀬達也)
 セルジュ・ボーガム著(川野英二・中條健志訳)『貧困の基本形態』(中村健吾)
 佐藤順子編著『マイクロクレジットは金融格差を是正できるか』(野田博也)

投稿論文

 公営住宅の集中立地地域に居住する福祉対象層の地域社会に対する認識(川村岳人)
 生活保護制度に対する厳格化志向の関連要因(山田壮志郎・斉藤雅茂)

国内貧困研究情報

 <貧困研究会第8回研究大会報告>
  (2015年12月12日(土)~13日(日)、於:九州大学箱崎キャンパス)
 〈分科会〉
  「フードバンクが生活困窮者支援に果たす役割:日本とフランスの事例から」(佐藤順子・角崎洋平・小関隆志)
〈自由論題〉
  (1)多次元の貧困が若年層の主観的厚生に与える影響: JSHINEデータによる分析(Wei WANG)
  (2)外国人労働者のソーシャル・キャピタルと健康・生産性: 結合型SCと橋渡し型SCの比較(浦川邦夫・Carl PAGE)
  (3)様々な貧困指標による貧困の測定:2000年代以降の貧困の推移(徳冨智哉
)

貧困に関する政策および運動情報

 2015年7月~2015年12月(山田壮志郎/五石敬路/小西祐馬/村上英吾/北川由紀彦)

第9回研究大会

と き:2016年12月3日(土)〜4日(日)
ところ:コラッセふくしま(福島駅西口)(福島県福島市三河南町1番20号
    チェンバおおまち(福島駅東口)福島県福島市大町4番15号


大会リーフレット

12月3日(コラッセふくしま) 401会議室

シンポジウム:13:30〜16:30
共通論題:生活再建と貧困・復興格差

 東日本大震災から5年が経過しました。「復興集中期間」の5年間を通じて、様々な復旧・復興事業が行われてきましたが、人びとの暮らしの再建をみると、被災地において一層の格差が生じています。
 とりわけて、ふくしまは震災と原発事故の影響によって、いまだ多くの被災者がいつ、どこで、どのように生活再建するかさえ決めかねている人が少なくありません。また、震災直後の被害だけでなく、震災後の二次的な被害も生じています。
 被災地における貧困と格差に焦点をあてながら、災害時でも人びとが尊厳を保ち、暮らすことができる地域社会のあり方を考えます。

報告(仮題)
「総論・問題提起」丹波史紀(福島大学)

「原発事故賠償からみる福島復興の課題」除本理史(大阪市立大学)

「県外避難者支援」佐藤宏美(ふくしま連携復興センター)

「生業(なりわい)裁判」渡邊純(けやき法律事務所・弁護士)
 
年次総会:16:45〜17:45
 
懇親会:18:00〜
 懇親会費: 4,000 円


12月4日(チェンバおおまち)

分科会・自由論題報告:9:00〜11:30
 
9:00〜9:30
「ドイツにおける住宅喪失予防の取り組み」嵯峨嘉子(大阪府立大学)

9:35〜10:05
「高齢者の生活実態―最低生計費調査や聞き取り調査から見えること」中澤秀一(静岡県立大学短期大学部)・小澤薫(新潟県立大学)

10:10〜10:40
「生活保護における障害加算の変遷と課題」中野加奈子(大谷大学)

10:45〜11:30
「治療の開始及び療養の継続に関わる支援の現状と課題(その1) —医療機関調査の結果から—」湯川順子(県立広島大学)・田中聡子(県立広島大学)
「治療の開始及び療養の継続に関わる支援の現状と課題(その2) —医療ソーシャルワーカー調査の結果から—」田中聡子(県立広島大学)・湯川順子(県立広島大学)
 
エクスカーション:12:00〜18:00
 見学コース:福島駅 - 飯館村 - 南相馬小高地区 - 浪江町 - 福島駅
 参 加 費:弁当代込 3,500 円

エクスカーションには定員がありますので、参加を希望される方は早めにお申し込みください。

※大会参加費:無料

 参加される場合は、事前にシンポジウム・懇親会・自由論題、エクスカーションそれぞれへの参加の有無について、11月末日までに、下記の大会受付用アドレス宛にご連絡ください。

 
研究大会受付用アドレス
e-mail taikai-entry[ at ]hinkonken.org(送信時には[ at ]を@に置き換えて下さい)

申し込みメールの例)

シンポジウム  :参加
懇親会     :参加
自由論題    :参加
エクスカーション:参加


お問い合わせ先
貧困研究会事務局
e-mail admin[ at ]hinkonken.org(送信時には[ at ]を@に置き換えて下さい)

2016年度「貧困研究奨励基金」の
助成決定について

2016年6月1日
貧困研究会 会員の皆様
貧困研究奨励基金
助成選考委員長 下村幸仁

 
 先般、会員の皆さまに募集いたしました2016年度の「貧困研究奨励基金」による研究助成に対して、5件の応募がありました。選考委員会において、研究テーマと計画内容および実効性、そして調査研究費の積算根拠等から厳正に審査を行い、予算の枠のなかで下記の4名の方々に助成を行うことになりましたので、会員の皆さまにご報告いたします。
 助成金額はいずれも10万円です。

 

  • 白波瀬達也氏「単身高齢化が進む寄せ場の比較研究」
  • 保田真希氏「女性の貧困問題と「二次的依存」
  • 桜井啓太氏「生活保護と奨学金問題」
  • 後藤広史氏「アクションリサーチによるハウジングファーストの効果検証に関する研究」
以上

第26回定例研究会

2002年にホームレス自立支援法が制定され、ホームレス対策は質・量ともに拡充しました。近年では、生活困窮者自立支援法が制定され、ホームレス対策は同法に基づく事業への移行が目指されています。そのような中で、ホームレス自立支援法は2017年8月に期限切れを迎えようとしており、ホームレス対策は新たなステージに入ろうとしています。今回の研究会では、ホームレス問題の現状分析/調査報告を行うとともに、この間ホームレス支援に深く携わってきた方々のコメントを踏まえて、改めてホームレス問題とこれからの対策の方向性について議論していきたいと思います。



ホームレス問題は解決したか?
-ホームレス自立支援法の期限切れを前に-

日時 2016年 7月30日 (土) 13:00〜17:30
会場 日本大学経済学部 7号館2階 講堂(JR水道橋駅から徒歩2分)

13:00    :受付開始
13:30~13:40:開会あいさつ 布川 日佐史(法政大学)
13:40~14:10:問題提起  垣田 裕介(大分大学)
 「ホームレス問題にとってのホームレス自立支援法」
14:10~14:50:調査報告① 山田 壮志郎(日本福祉大学)
 「ホームレス対策は生活困窮者自立支援法に移行できたか?」
14:50~15:30:調査報告② 河西 奈緒(ARCH共同代表)
 「東京五輪に向けたストリートカウントの実施報告―ロンドン五輪の事例研究を交えて」
15:45~16:15:指定発言
 奥田 知志(NPO法人 ホームレス支援全国ネットワーク)
 小久保 哲郎(弁護士)
 稲葉 剛(NPO法人 もやい)
16:15~17:15:全体討論
17:15~17:25:総括 垣田 裕介(大分大学)
17:25~17:30:閉会あいさつ 五石 敬路(大阪市立大学)

*会員以外の方も参加できます
*参加費無料
*事前連絡不要

関西部会 第8回研究会

全国の自治体における生活困窮者自立支援事業の現在


一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク(代表理事 宮本太郎中央大学教授)は、2015年度の厚労省社会福祉推進事業「自治体における生活困窮者自立支援の施策・事業化モデル調査事業」として、全国自治体のアンケート調査や各地の訪問調査を精力的にすすめられてきました。今回は、同団体理事である西岡正次さんをお呼びし、同調査の途中経過をご報告頂くとともに、そこから見えてきた自治体の課題をお話しいただきたいと思います。


報告者:西岡 正次さん(A’ワーク創造館 就労支援室長)

日時:2016年3月19日(土)14時~16時

場所:大阪阪市立大学梅田サテライト(大阪駅前第2ビル6F)105教室

梅田サテライトへのアクセス
http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/access/index.html

参加費:無料

※参加ご希望の方は、お名前をご記入のうえ、下記のアドレスにご連絡ください。

貧困研究会 関西部会